情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 院内デザインの実際 > 院内デザインの実際

単発記事
院内デザインの実際
(3/4)
皆さんは、治療院内のデザインにどのようなお考えを持っていらっしゃいますか。
魅力的な店舗作りには、場所、条件などおかれている環境にあった形態やデザイン性が求められます。
店舗間の競争も激しいおり、そこには無駄のない独自な店舗作りが求められてきます。

▼相談者2 横井善太郎氏(中村フィジック整骨院勤務)
 ◎物件情報

  住所  大阪府阿倍野区
  面積  15.6坪 
  立地  2つの駅に挟まれた通行量の多い地域のビル2F。
  一方の駅は鉄道3線が乗入れる大型ステーションである。
  半径40m内にショッピングビルと大型レンタルショップがある。


 ◎相談内容

 患者層のメインである若い女性が好むような、明るく清潔で、快活な院内にしたい。しかし、それを追い過ぎるとリラクゼーションマッサージ店のようになってしまうというのが悩みの種。特に外観のデザインは難しく、院内の雰囲気との差が大きい。店内のイメージカラーを緑にしているので、それをベースにデザインしたいと思っている。


 ◎箕浦流、診断と提案

 ビルの2F(それ以上も含む)で院を経営する場合は、ビルの入口部分のデザインが大切だ。ここで上手くアピールできるかどうかが、客数にも影響する。ビルのオーナーや同じビルに入っている会社や店との兼ね合いもあるので、事前の確認も必要だ。
 今回は、自由にデザインできることを前提に、パースを描いてみた。この物件の場合、右にほかの店の看板があるので、出っ張り具合も色もそれに合わせている。こうすると、入口が実際よりも広く見え、明るくなるという効果も見込める。突き当たりの階段の壁にはインフォメーション用のパネルを付け、院内の写真を添付した。


 院内は緑をベースにしたいとのことだが、観葉植物を複数置くと、散漫な感じになってしまうので、あまりお勧めできない。また、緑という色は使い方が意外に難しいので、ウッド系を基調とする案を示した。床は木目調で、カーテンやソファーなどに緑を配色している。
 ベッドは現状よりも1つ減らし、各ベッドとカーテンの間は左右とも50?のゆとりを取った。ほかにローラーベッドが1台あるが、これもほかの人には見えない場所に持ってきている。


 3ヵ所の出窓のうち2つには扉を付けて物入れに、もう1つはウッディブラインドを付けて観葉植物置き場にした。自然光は天気に左右されるし、雰囲気作りの邪魔をすることが多い。待合室にはもう1つウッディブラインドを付け、現在使用している丸椅子をソファーに、受付の机をカウンターにして、統一感を出した。

(次のページへ)

前へ 1234 次へ


単発記事の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。