特集 「第27回国家試験・合格者発表」

あはき師、柔道整復師すべての合格率が上昇!あマ指師3・8%、はり師18・7%、きゅう師16・0%、柔整師7・4%それぞれアップ(前回比)。

あん摩マッサージ指圧師国家試験は、2月23日に晴眼者が宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、鹿児島県の6会場で、視覚障害者は47都道府県の48会場(北海道2会場)で行われた。はり師、きゅう師の国家試験は翌24日、晴眼者は北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県の11会場、視覚障害者はあん摩マッサージ指圧師と同じ47都道府県の48会場で行われた。3月3日には柔道整復師国家試験が北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県および沖縄県の10地区11会場(東京2会場)で行われた。合格発表は三者とも3月26日14時から厚生労働省は提示とホームページ、東洋療法と柔道整復の各研修試験財団のホームページで行われた。

あん摩マッサージ指圧師の受験に参加した学校は85校で前回よりも2校少なかった。受験者数は新卒の受験者と既卒の受験者の合計(総数)で1498人、合格者数1300人。合格率は86・8%と、この10年間では第19回の国家試験合格率87・0%に次ぐ高い数字となっている。あマ指師は1992(平成4)年度の1回目の国家試験から80%以上の合格率をキープしている。

はり師の受験参加校は164校で昨年よりも2校少なかった。受験者数4861人、合格者数3712人、合格率76・4%と昨年の合格率から大幅な上昇となった。きゅう師も受験参加校164校で昨年より2校減。受験者数4655人、合格者数3656人、合格率78・5%と、きゅう師も前回よりも高い合格率になった。

柔道整復師の合格率は前回よりも7・4%上昇した。受験者数は6164人、合格者数4054人。合格率は65・8%で5年ぶりに上昇となった。受験に参加した学校は大学が17校で前回と同数。専門学校などの養成校は104校で1校減少した。受験者数は昨年よりも157人減少したが合格者数は364人増加した。新卒者の合格率は86・1%で前回よりも7・6ポイント、既卒者の合格率は26・3%で前回よりも9・6ポイント上昇している。

大学と専門学校の合格率を比較してみると大学の合格率は総数で71・4%、専門学校・養成校の合格率は64・8%で大学の合格率は6・6ポイント高

※記事の詳細は、ひーりんぐマガジン62号(新春号)をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次