編集部・緊急取材 柔道整復師の新たな職場!?

突然ですが、皆さんは「機能訓練指導員」についてご存知ですか?これは、低下した身体機能を改善するために、主に介護施設などで指導を行うトレーナーのこと。指導には資格が必要なのですが、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師などの国家資格があれば、機能訓練指導員になれるんです!

品川フィットネスクラブでは、平成20年からいち早く機能訓練指導員が活躍。高齢者のデイサービスで機能訓練プログラムを提供しています。同クラブを運営する株式会社メディキュアーズの三浦嘉統代表取締役によると、介護施設における機能訓練指導員の需要は今後ますます増えていくとのことです。

「2025年には高齢者人口が30%を超えるという試算がありますが、そのすべてに手厚い介護を行うことは不可能です。食事や入浴などを、ある程度、自分で行うためのリハビリは欠かせなくなっていくでしょう。柔整師、あマ指師が毎年約6・5千人生まれていますが、働く場所の施術所の数がそれに追いついていないのが状況です。そこで、国家資格を生かす道として、機能訓練指導員という道があることを、ぜひ知っていただきたいですね」(三浦氏)

品川フィットネスクラブが行っているプログラムは、有酸素運動と自律訓練法によって、身体と心のストレスを緩和し、老化の原因となるテロメアの減少スピードを和らげるそうです。今後は外部の柔道整復師にも、これらのノウハウをレクチャーしていきたいとか。
では、既存の整骨院などの施術所でも、品川フィットネスクラブのようにデイサービスを取り入れて、ビジネスを拡大することは可能なのでしょうか?

「可能ですし、そのノウハウはお教えできるかと思います。デイサービスの良いところは立地が関係ないことです。駅前にライバルになる施術所が増えているような接骨院では、利用者を増やすのに役立つでしょう」(三浦氏)

株式会社メディキュアーズ
東京都港区高輪4-1-18 TEL:050-3802-1629
※記事の詳細は、ひーりんぐマガジン61号(秋号)をご覧ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次