情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 院内デザインの実際 > 院内デザインの実際

単発記事
院内デザインの実際
(4/4)
皆さんは、治療院内のデザインにどのようなお考えを持っていらっしゃいますか。
魅力的な店舗作りには、場所、条件などおかれている環境にあった形態やデザイン性が求められます。
店舗間の競争も激しいおり、そこには無駄のない独自な店舗作りが求められてきます。

▼相談者3 金森精史氏(柔道整復師)
 ◎物件情報

  住所  大阪府東大阪市
  面積  17.22坪
  立地駅至近のビル1F。

 ◎相談内容

 これから開業する予定だが、開業物件は決まったものの何から手をつけたらよいのか分からない。院内のデザイン、レイアウトに関してはまったくの素人なので、よいアドバスをお願いしたい。

 ◎箕浦流、診断と提案

 これから開業という方は、まず不動産物件を探すことからはじめることだろう。建物の構造や周りの環境などはもちろんだが、水周りや電源の場所などの確認も大切だ。
 この物件は、駅の近くでビルも新しく、なかなか良い条件だが、私がはじめてこの図面を見た時に、水周りを心配をした。後からご本人に話を聞くと、隣に美容室があり、そこから水道を引くことができるということだった。


 まず外観だが、看板は照明ボックスを使ったゲート型のものを提案してみた。これなら夜も目立ち、遠目からでもよく見えて宣伝効果もある。ビルのシャッターの位置によって看板が隠れてしまうことがあるので、確認しておきたい。
 入口からは中の様子が見え、誰もが安心して入れるようになっている院内は、安心感を持ってもらえるように、やわらかい色をベースにするといい。電光も同様で、蛍光灯ではなくブラケット電気を使用したい。照明の明るさを落すことは、電気代の節約にも繋がる。


 院内図には、冷蔵庫や流し台、机などを備えた事務所を入れているが、不要であればベッドをもう1台増やしてもいいだろう。しかし、個人情報保護法にも配慮し、開業時から棚やラックなどを用意して、カルテの保管管理法を考えておくべきである。
 靴を脱ぐスタイルならば、施術室の床は絨毯がよいだろうが、アロマを視野に入れているのなら、エンビシートがお勧めだ。タイル片はオイルがついてしまうと黒ずんでしまうので、アロマには向かない。

 開業の場合は特にそうだが、実にさまざまな選択肢がある。ここに提示したようなパースを基に細かい打ち合わせをし、納得のいくデザインを作っていって欲しいと思う。


 ◇   ◇   ◇

 箕浦 智文 氏 :1級建築士・スタジオギア社長

 従来飲食店、ホテル、アミューズメントの内装を手がけるも、最近スポーツクラブ、リラクゼーションのサロンや接骨院に力を入れ、これらに特化した部門を構築。

前へ 1234 次へ


単発記事の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。