情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 療養費改定の影響は? > 療養費改定の影響は?

単発記事
療養費改定の影響は?
(3/3)
平成18年度柔道整復療養費の改定が5月27日通知され、6月1日から実施されています。
売上の中で往療料の占める割合の高い、訪問マッサージを中心に稼動している、あマ指師の一部が影響を受けるでしょう。

 前ページの表を見ると8km以上の往療は認められなくなったのと同じことです。売上の中で往療料の占める割合の高い、訪問マッサージを中心に稼動している、あマ指師の一部が影響を受けるでしょう。

 都市部では交通渋滞などで単位時間当たり8km以上移動することは難しく、ほぼ従来通りの売上が確保できる可能性が高いですが、地方では8km以上移動することもあるので、往療料の今回の改正の影響は避けられないと考えられます。
 しかし、そのような先生も極力、往療距離を8km以内に押さえ、訪問宅を数多く回ることにより5月までの売上の確保を目指すのも一つの手です。

  ◇   ◇   ◇

 こう見てゆくと今年の改正では大きな影響はないと推察できます。
 しかし、6月14日の参院本会議で与党の賛成により可決され、成立した医療制度改革関連法では、高齢者医療の抜本的な見直しなどで医療費の抑制を目指し、10月から70歳以上で現役並みの所得がある人の自己負担が3割 (現行2割) に引き上げられ、自己負担分の医療費が戻ってくる 「高額療養費制度」 の自己負担限度額も引き上げられます。さらに、70〜74歳の一般所得の人も8年4月以降、今の1割負担から2割へと倍増します。

 このことにより、治療院への出控えや訪問マッサージの回数減が大いに考えられ、こちらの方がより影響が大きいと考えられます。

前へ 123 次へ


単発記事の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。