日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > ネーミング入門 ネーミングの考え方

単発記事
ネーミング入門 ネーミングの考え方
 ホームページを新しく立ち上げる時の見出しの作成、新規開業での院名、新たなサービスメニューの名前、院長が作った新技術に命名するなど、あらゆる場面でネーミングは非常に重要だ。
 ネーミングの善し悪しによって、ヒットするかどうかが左右されることは間違いない。この特集では手技療法業界におけるネーミングのコツを紹介する。
 ネーミング入門 ネーミングの考え方

●院のネーミングやロゴは第一印象
ネーミングは、単に名前を付けることと考えがちだが、実は事業や商品そのものをどうつくり、実践していくかを考える作業であるということに気がつかない人が多い。
「商品さえよければネーミングなんて関係ない」 そういう人もいるだろうが、ヒット商品には必ずいいネーミングがある。そしてその商品が企業のブランド力を押し上げる。
いったんブランドが確立されると客を呼び、利益を生んでいく。そのブランディングの第一歩がネーミングなのである。
靴下の名前が狡牟于足瓩箸いμ樵阿覆蕁▲汽薀蝓璽泪鵑六廚錣最磴辰討靴泙ぁ↓狃崑瓩箸いμ樵阿留親扱い子どもたちからねだられる靴のトップになり売れてゆく。

●競合他社のネーミングを考えてみる
ネーミングは、憶えやすく耳残りのする言葉を選ぶことだ。受けるネーミングをつくるために競合他社のネーミングを調べてみるのも1つの手法だ。そしてそれらをグループ分けしてみる。たとえば「硬いが誠実さがある」とか「親しみがある」とか印象をいくつかのグループに分けてみて、繁盛しているかどうかを見ていくなどによって、いろいろな気づきがある。
ネーミング入門 「てもみん」などは目的が明快でわかりやすい。ラーメン店の「○○製麺所」という名称からは、それまでラーメンの主役がスープだったのを「麺がおいしそう」だという新機軸を打ち出している。
ネーミングを考える際は最初、
.諭璽潺鵐阿砲茲辰堂燭鯏舛┐燭い
▲拭璽殴奪箸鮃佑┐
3个┐討發蕕┐襯諭璽潺鵐
の3つのポイントに照らし合わせて考え、それぞれ数多くの案を出す。次にグルーピング(分類)をする。
結局、ネーミングは「誰が読んでも分かる単語」「語呂がいい」「耳触りがいい」「覚えやすい」ことを基本に考えていくことがポイントといえる。



※記事の詳細は、ひーりんぐマガジン50号(新春号)をご覧ください。


前へ 次へ

PR


治療院個人情報保護はお任せ! www.e-shugi.jp
治療院に特化した個人情報保護をわかりやすくご説明します

施術事故の対策に賠償責任保険 www.jha-shugi.jp
全ての施術家が個人で加入可能。各種福利厚生をご提供




E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
上田公認会計事務所
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は
単発記事の
関連記事ページ



お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。