100人を1回ずつ来院させるより… 【勝ち組治療院のツボ】

質問

新患さんが先細りで年々患者さんの数が減少しています。
開業5年、往診を中心に治療をしていますが、考えたことを地道にコツコツ実行し現在市内に56か所に患者さんを抱えていますが患者数の伸びしろがありません。

有効な新規患者さんの獲得手段をご披露していただける先生がいましたらごご見解をお伺いしたいと思います。

あマ指師・匿名

回答

はじめまして、私はPCC代表の花谷博幸といいます。
現在治療院経営の研究会(PCC)を主宰しています。今回、治療院経営で迷われている方々ヘアドバイスをしてもらいたいとの依頼を頂き、お手伝いをさせていただくことになりました。

簡単に自己紹介させていただきます。
私は埼玉県で鍼灸治療院を開業し十数年、日々患者さんに向い合いながら治療活動をしております。治療院はお陰様で予約を断るぐらい患者さんに恵まれております。
しかし、開業当初から現在のようにうまくいったわけではなく、開業して6、7年間は本当に貧乏で自転車操業状態でした。そんな私ですが、治療院経営に対する視点を変えて行動をとり始めたところ急上昇で繁盛治療院になっていったのです。

その体験を活かし繁盛までのプロセスやノウハウを毎月のレポートや年間数回のセミナーで情報公開しています。
今後治療業界は新しい時代に移り変わりますがその時にこのアドバイスが皆様にとって少しでもお役に立てれば幸いです。

治療業界も過当競争時代になり、多くの治療院が患者数の減少に悩んでいます。しかし多くの治療家の視点は質問者のように新規患者さんにフォーカスしており、この視点を持っているうちはまず患者数を増やすことはできません。以前の私自身がそうでしたから実証済みです。

まだ分母がそろっていないうちは新患さんを獲得したいと思ってしまうのですが、新患さん獲得には一見遠回りですがもっと簡単な方法を実施されたほうがいいと思います。それは既存患者さんの見直しです。

既存患者さんがあなたの治療を受けなくなる理由を知っていますか?理由はたった3つです。

①嫌い

②忘れた

③飽き

のいずれかです。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次