情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 「治療家にとって入りたい治療院、入りたくない治療院」 > 「治療家にとって入りたい治療院、入りたくない治療院」

単発記事
「治療家にとって入りたい治療院、入りたくない治療院」
(2/4)
こんな過当競争の時代にどう対処すればよいのでしょう。施術者にとって働きたい治療院とはどんなところでしょう。よい治療院とは?
就職したばかりの柔整師、鍼灸師など学生を含んだ業界関係者4人の方に、この業界の立場からお話を聞きました。


  ◇   ◇   ◇

   鍼灸・マッサージやカイロなどは、体系的な治療法のようなものがあるけれど、これに対して柔整は各治療院ごとに千差万別で、院長の影響をまともに受けやすいと思いますね。
 整体やカイロ、マッサージなどを取り入れすぎて、いったい何をするところなんだろう?と悩んでしまうこともあります。

   やな治療院は、1、院長の人間性がお山の大将、世界がちっちゃい。2、治療院の雰囲気が暗い、汚い。3、スタッフの質が悪い、スタッフの仲が悪い、技術など教えてくれないところかな。
 悪い治療院の3kというのは、「きつい」「きたない」「客がいない」だ。

   もちろん、面接などの時点でそれに気づけばいいのだけれど、なかなかそうはいかないです。で、訪ねたときにある程度それを見分ける目安というのがあると思うんです。
 まず清潔感。白衣は、汚れていないか、透けてるTシャツを着ていないか。ベッドに汚れたシーツやタオルのたたみ方はきちんとしているか。フェイスシートのチェンジはちゃんとできているか、など。

   言葉使いなんかもある。スタッフ間の呼び方が友達のようにしていたり、患者に対する挨拶がちゃんとできていないスタッフのいるところなんかは、患者としても行きたくないです。

   面接を受ける前でも、患者として治療に行くというのも一つの手段かもしれない。


   昔ながらの徒弟制度のスタイルではなくなってきた今、そういう先生は人気がないと思うんだけど、とくに、よその社会で経験を積んできた人などは、院長を見る目もシビアなような気がしますね。

   「治療院」という狭い業界でお山の大将気取りをしている先生いるでしょ。今の若い人たちは絶対ついていかないと思う。徒弟関係をあからさまに出す先生は嫌われる。徒弟性が強い治療院で勤務していた先生の多くが、同じように徒弟関係を当たり前だと思ってしまうのね。時代が変わっているのにそれを強要する人は嫌われると思うね。

   私はそうは思わないです。卓越した技術を持ったカリスマ的な院長について、学んでみたいな。技術が優れていれば少々人間性なんて…。うーん、でも、そんな院長に気に入られた人は天狗になり、同じ道を辿るのかな。

   院長が怖くて言いたいことも言えないところもありますよね。新人だと口も聞けないような院長が雲の上の人でね。そんな院の雰囲気を自ら作っている人も何人か知っているけど、時代錯誤をしている接骨院には勤めたくないと思いますよ。
 まあ、余程カリスマ性があればまた別かもしれないけど。

   誰が来ても、どんな症状の患者が来ても、まったく同じ施術をする治療院がありますけど、以外にこの治療院の評判が高いんです。風評だけが先行しているところがあって、そういうところで働いていると勘違いしてしまうかもしれない。

   治療に特化している治療系治療院や、ビジネスだけを考えている治療院もあるし、そんな中から入りたい治療院を探すのは難しいかもね。特に学生にとってはね。だから正しい情報を得られるものがほしいな。

(次のページへ)

前へ 1234 次へ


単発記事の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。