日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 電話アンケート 柔道整復療養費改定による影響

単発記事
電話アンケート 柔道整復療養費改定による影響
関東で8割、関西で7割弱が「影響ない」
柔道整復療養費改定から1ヶ月たった6月30日、ひーりんぐマガジン編集部が行った緊急電話インタビューの結果とは!? 関東圏・関西圏の100院に訊いた療養費改定の影響。

 昨年11月に行われた行政刷新会議・事業仕分けで、厚生労働省担当職員が「柔道整復師の療養費の伸びは一般療養費の伸びを上回っているが、とくに多部位の請求が目立ち、県によっては(多部位請求が)7割を占めているところもあれば、2割くらいしかない所もあり、地域差があまりにも大きすぎる」と評価委員の質問に答えていたことは記憶に新しい。
 これを受けてか平成22年の療養費の改定では、3部位目の逓減率が80%から70%に変更され、4部位目からは支給しないとされた。
 編集部では、関東圏の接骨院50院と関西圏の接骨院50院とに改定による影響について、改定から1カ月が経過した6月30日に緊急電話インタビューを行った。関西圏に限定したのは、2年前の朝日新聞で3部位以上の多部位請求が大阪府、奈良県、徳島県の順で、西日本に集中していると報道されていたからだ。
 設問は平成22年の柔道整復療養費の改定で、1.売上げは影響を受けたか 2.影響を受けたとするとどの程度だったか、の2点に絞った。
結果は次のようになった。
 各院の回答は「数字的には7月初旬にならないと正確には出てこない」という前提付きだったが、関東圏は「影響なし」が関西圏よりも13ポイント多い結果となった。しかし、双方ともに「影響なし」が過半数を占めた。

※この続きの関東圏・関西圏それぞれの詳しい状況はひーりんぐマガジン28号(夏号)をご覧下さい。

電話アンケート結果


前へ 次へ


単発記事の
関連記事ページ


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
上田公認会計事務所
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。