日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 協会けんぽ発足

単発記事
協会けんぽ発足
2008年10月1日から
10月1日よりレセプト、受領委任申出書の提出先変更

10月1日、社会保険庁解体に向けて全国健康保険協会(通称=協会けんぽ)が設立された。これにより政府管掌健康保険は社会保険庁から運営が移管され名称も変更されることとなった。

全国健康保険協会(協会けんぽ)は、健康保険の保険者として、被保険者証の発行、保険給付、レセプトの点検、健診や保健指導等の保健事業ほかを実施し、さらに各都道府県に支部を設置してレセプトの提出を受ける。
一方、受領委任申出書は厚労省地方厚生局の事務所で扱うこととなった。

なお、加入や保険料納付の手続に関しては従来どおりで、社会保険事務所にて、会社(事業所)を通じ、厚生年金の手続とあわせて行われる。

レセプトおよび受領委任申出書の提出先は下記のとおり

前へ 123 次へ


単発記事の
関連記事ページ


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
日本治療協会
訪問マッサージ研修
スーパー神経最適化療法セミナー
上田公認会計事務所
メディックス計算センター
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。