情報記事 ひーりんぐマガジンのご紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 国家試験関連 > 国家試験対策は万全ですか? > 国家試験対策は万全ですか?

国家試験関連
国家試験対策は万全ですか?
(5/5)
柔道整復師、はり師、きゅう師の国家試験受験者数は年々増える一方です。
こうした状況の中、この国家試験をいかに突破するかということで、新卒・既卒を問わず模擬試験をうまく活用しようという受験生が増えてきています。

 もう一つ行っているのが、1問題ごとに、回答に自信があるかどうかを生徒自身で評価させています。

 「選択した答えに絶対の自信を持つ」ときはA
 「間違いないと思うが、不安がある」ときはB
 「回答を2つにまで絞れる」のがC
 「カンで答えた」場合はD

などというように決めておいて答えさせています。

 これの目的は、ひとつひとつの問題に関心を向けることと、自分の勘違いを発見できることです。自分がどれくらい理解しているかが浮き彫りになってきます。正解をポイント制にして、点数に加重をかけます。完全に理解して回答している場合のみに、点数が加算される仕組みになっていて、勘違いをすればするほど、ペナルティーが大くなります。
 たとえば、正解率が64%であれば合格点ですが、実際、自信をもって回答していないと、点数は低くなるのです。良くない生徒には、見落とし部分や穴をデータを用いて指導しています。これにより、まぐれで高得点ということが少なくなって、正当な評価ができます。

 期末試験のほかに実力試験は、夏休み前、冬休み前にあり、さらに国家試験を意識した問題などを実施しています。合否を左右するのは、勉強する習慣があるかないかに関わってくると思います。勉強する習慣のない人の合格は厳しい。
 模擬試験は学内で何回も行うが、昨年はじめて外部の模試を取り入れました。「もう少し勉強しなければ」という気持ちを喚起させるために、あえて業者の試験を試みました。これは、生徒自身が全国でどれくらいの位置にいるのかがわかるので、あえて外の問題に触れさせようと思ったからです。

 これについては賛否両論あると思います。普段使っている教科書以外から出題されることも多く、無用な不安を抱く学生がいます。また、まだ模擬試験の問題に関しては、その精度に担保がないということが問題点であると思われます。しかし、全体の中でのレベルを知るためにも、今後も続けていきたいと思います。

  ◇   ◇   ◇

前へ 12345 次へ


国家試験関連の
関連記事ページ

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
PRエリア
ブックアフィ
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
本誌、バナー広告掲載ご希望の方


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。