日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 >院内外デザインを考える Lesson2

単発記事
院内外デザインを考える Lesson2
『治療院デザイン』という耳慣れない言葉に、集客と経営安定化への秘策を込めてお送りする2号連続企画の第2回。今日から簡単にできるポイントを簡潔にまとめた。きっと、ご自身の院の風景が少しだけ変わって見えることに違いない。
院内外デザインを考える Lesson2

【1】ロゴと院内のデザイン
「ロゴ」や「シンボルマーク」のデザインは、患者に「安心感」「信頼感」を与える大切な機能を持つ。専門家に相談するなどして一度見直してみたい。
【2】外観と勧誘動線のデザイン
看板とのぼりは基本的な4情報(業態、主なサービス、価格、その他イメージ的な要素)を盛り込む。設置場所や数量に気を配るべし!
【3】チラシやWebも院外デザイン
チラシは「周辺住民のデモグラフィック属性(年齢、収入、職業、学歴など)」や「歩行者の属性と動線(時間帯別)」、「交通の状況(駅、自家用車などの利用状況)」などを事前に調査、確認してかまくべし!
【4】接遇を考える
立ち振る舞いや動作・姿勢、言葉遣いをチェック。「接遇」スキルを日々磨いて院のイメージアップにつなげよ!
【5】院内の動線・空間をデザインする
空間レイアウト、動線、内装、設備や調度品や照明、色彩計画をチェック。スタッフの動きにストレスの無い動線づくりを!
【6】コミュニケーションを改善する
院内掲示のPOPやサイン類は「誰に・何を・どの場所を利用して伝えたいのか?」、相手に「どうしてほしいのか?」狙いを明確にして的確な場所にレイアウトすること。待合室に院内紙を設置。院と患者さんを結ぶ「懸け橋的ツール」にしよう!


※記事の詳細は、ひーりんぐマガジン45号(秋号)をご覧ください。


前へ 次へ



E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
上田公認会計事務所
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は
単発記事の
関連記事ページ



お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。