日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 警察OBの対策に学ぶ「モンスターペイシェント、クレーム対応術」

単発記事
治療院・施術院必見!
警察OBの対策に学ぶ
「モンスターペイシェント、クレーム対応術」
悪態をつく、診療時間を無視した診療を強要する、院長の助言に納得せず執拗な質問を長時間繰り返すなど、ここ1、2年、急速にモンスターペイシェントが増えてきた。医療機関にとってトラブル・悪質クレームに対するリスクマネジメントは、今やCS(顧客満足)向上の取り組みに絶対不可欠なものともなっている。真に信頼される医療機関となるために、最近のクレーム・院内暴力などの傾向やその対応のコツなどと、危機管理の考え方や解決法について、警察OBで現在、独自のノウハウを元に企業や医療機関で多くのトラブルや悪質クレームを解決している螢┘鵐乾轡好謄爐留臉鄙鐚卍垢吠垢い拭

 クレーマー対策・モンスターペイシェントに対する対応で最も重要なことは、「正当なクレーム(要望)」と「違法な暴力・暴言」をできるだけ早期に区別し、それぞれのケースに応じた最善の対応をとることである。
 もちろん、軽々に判断できない側面もある。万が一間違っていたら人権問題にまで発展してしまう危険性もあるからだ。
 ただ、患者の行動によっていくつかの注意すべきポイントというのはあるようだ。
 例えば、予約の無断キャンセルを繰り返したり、診療時間外の治療の要望であったり、プライベートの携帯電話番号を聞いてきたりと院長やスタッフと必要以上に親しい関係をつくろうとしたり、他院に通院後比較的日が浅いうちに転院したりする人、などには注意が必要だ。予約の無断キャンセルが続く場合は、カルテに必ず記載し次回受診時に注意するようにしたほうがよいそうだ。
援川氏は、クレームを1.モノクレーム 2.ヒトクレーム 3.その他――という種類に分けると言う。

螢┘鵐乾轡好謄爐悗里問い合わせは、E-mail:support@engosystem.co.jpまで。


※記事の詳細は、ひーりんぐマガジン33号(秋号)をご覧下さい。

前へ 次へ



E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
上田公認会計事務所
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は
単発記事の
関連記事ページ



お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。