日本手技療法協会
情報記事 ひーりんぐマガジン紹介 訪問マッサージ研修 セミナー情報 入会のご案内
HOME > 情報記事 > 単発記事 > 柔整療養費申請書様式統一

単発記事
柔整療養費申請書様式統一
高額な療養費支給申請書発行ソフトが不要な時代へ
厚生労働省は2010(平成22)年11月29日付の保険局長通知で「柔道整復師の施術に係る療養費について」の一部を改正し、柔道整復師施術療養費支給申請書の様式を全国統一した。今年1月から新様式に切り替えるが6カ月の移行期間を設け、平成23年7月には完全統一を図る。

新様式は昨年2月26日に国民健康保険中央会(国保中央会)がまとめ、厚生労働省に提出した5つの提言のうち『支給申請書の統一化』欄の半数以上が満たされる結果となった。
新たな申請書は、「施術日」欄を設けたほか、「施術機関コード」欄も国保中央会の提言と将来的な申請書のコード化を視野に入れて新設している。
様式統一は受け取る側のメリットは明確だが、使用する柔道整復師(柔整師)側にもメリットがあるだろうか。
柔整師にとって大きなメリットは、加入する請求団体等の指定のレセプト発行ソフトを使わなくても良いと言うことだ。ほとんどの場合、レセプト発行ソフトは加入した請求団体等の指定するソフトの使用が義務づけられる。様式も各団体仕様になっているため、他のレセプト発行ソフトで作成した申請書は加入団体で受理されなかったがそれも解消される。ソフトは自由に選べるようになる。
高額なレセコン関係のリース代を支払っていて、まもなくリース期限がくる柔整師、これから開業を考える柔整師、一刻も早く経費を減らしたい柔整師、会を変更しても安いレセプト発行ソフトを使いたい柔整師、会を変更しなくても安いレセプト発行ソフトを使いたい柔整師など、真剣にレセプト発行ソフトを見直す機会が到来した。


柔道整復施術療養費支給申請書


※詳細は、ひーりんぐマガジン30号(新春号)をご覧下さい。

前へ 次へ


単発記事の
関連記事ページ


E手技無料メルマガメンバー募集中!
治療院の先生必見!お役立ち動画
日本手技療法協会 おすすめ!会員治療院
NPO法人日本手技療法協会・整体師会
私たちは「ひーりんぐマガジン」を応援しています!(賛助会員)
PRエリア
トルマリンホットパック 整骨院から生まれた温熱器具
上田公認会計事務所
女性向け美容・健康情報サイト ヘルス&ビューティー
日本治療協会
訪問マッサージ研修
メディックス計算センター
食べる社会貢献プロジェクト
TTC - トータルセラピストコミュニティ
バナー広告掲載ご希望の方は


お問い合わせ 広告掲載について 日本手技療法協会のご案内 個人情報の取扱い 会員情報変更・退会手続き
ページTopへ
NPO法人 日本手技療法協会
Copyright(c) Japan Therapist Association. All Rights Reserved.
掲載している情報につきましては万全を期しておりますが、
全ての内容を保証するものではありません。何卒ご了承ください。